お先に失礼します!勤務時間は守り、週休日はリフレッシュタイムで!

学校の部活動指導の丸抱えはすでに「時代遅れ」!一刻も早く地域に移しましょう!!

投てきを学校でやっちゃダメだよ、#部活 自体ダメだけど

陸上競技の関係者もバカばかりなのか?の続報です。

部活動中に砲丸が頭に当たり…男子中学生が重傷 市教委が調査結果公表 練習時、顧問は不在「認識に甘さ」 市内全運動部で安全点検へ(NBS長野放送) - Yahoo!ニュース

事故が起きたのは長野市内の中学校で、5月20日午後5時40分頃、陸上部が砲丸投げの練習をしていたところ、…(中略)

それによりますと、当時、3人の生徒が砲丸投げの練習をしていましたが、顧問、副顧問は不在でした。「認識の甘さにより、安全指導が不十分な状況下だったにもかかわらず、顧問不在時に練習をしていた」ことが事故の要因としています。

認識が甘い、の主語は誰なんでしょうか。そもそも一般的な学校の教員は午後5時40分は勤務時間外です。つまりそんな時間に部活をやらせておきながら、さも教職員に責任があるかのような言い草ですよ。教育委員会も報道も。勤務時間外の部活動指導はそもそも何の手当も何もありません。

 

さらに酷いのは

事故を受けて、中学校は鉄球を用いた砲丸投げの練習時は必ず顧問などが立ち会って指導することを徹底するとしています。

立ち会って指導すれば砲丸が生徒の方に飛ばないのでしょうか。まさかと思いますが、顧問には砲丸を避けられるようにするための念力でも身に付けろと?

 

こんなことまで起きているのに、まだ学校に部活をやらせるのですか。

時間外に活動せねばならない、そのくせ手当も出ない、にもかかわらず責任だけは負わされる。サッサと部活動をこの世から葬らなければなりません。

大学でも「罰走」ってあるの?

Fラン大学はレベルが違うのか、こんなことに疑問も持たずに生活しているんですね。

「罰」でランニング、トレーナーが救急車進言も監督応じず 岐阜協立大、関係者証言(岐阜新聞Web) - Yahoo!ニュース

 関係者によると、14日午前、道具が片付いていないことを問題視したコーチが、主力として試合に出ているAチームの部員約30人にランニングを指示。1時間15分ほど走ったところで亡くなった4年生部員が倒れた。倒れた後、苦しさからか叫び声を上げていたという。すぐさま学生コーチやマネジャーが駆け寄り、立たせようとしたが、立つことができなかった。

道具を片付けられない大学生と、そんな大学生にランニング(罰走)を課すくらいしか手立てがない指導陣。まぁ学生の脳ミソを考えれば、そのくらいしか指導法(?)がないのも分からなくもないですがね。

参考:岐阜協立大学 | ボーダー得点率・偏差値 | 河合塾Kei-Net大学検索システム

しかもこの学生、コロナ陽性だったというじゃないですか。

野球部員の死因明らかにされず 倒れた直後は会話できない容体、岐阜協立大会見(岐阜新聞Web) - Yahoo!ニュース

大学によると14日午前10時ごろ、大学敷地内のグラウンドで約30人の部員が練習を始め、全員でランニングをしていたところ、同11時ごろに部員が倒れた。部員は会話ができない状態で、トレーナーが応急措置を行ったが改善せず、11時30分に部が所有する車で監督や部員が市内の病院に搬送。入院前に新型コロナウイルス感染のPCR検査をしたところ陽性と確認され、別の病院へ搬送された。翌15日に容体が悪化し、死亡した。

つまり大学の管理体制までもがFランだということですね。

 

今後、詳細が明らかになってくるでしょう。野球ばかりで結局脳ミソが空っぽのままだと、この手の大学にしか行けなくなります。その程度の知能の学生ばかりだと、指導する方も、この程度の指導しか出来ないということでもあります。いかにスポーツ馬鹿が人生にとって不利益かが浮き彫りになった事故と言えるでしょう。

 

これは部活問題とは少し違うかも知れませんが、やはり大学の数が多過ぎると感じます。かつて「分数の出来ない大学生」というのが問題になりましたが、おそらくこの岐阜共立大学の偏差値を見ると、そんな大学生しかいない気がしてなりません。しかもそんな、下手したら学力は小学生に負けてしまうような大学でさえ、私学助成金が税金から給付されているということです。つまり我々の税金がこんな大学にも流れ、球っコロ遊びをしている学生のために使われているということです。まずは運動部文化部に関わらず、学部に関係の無い部活動推薦は止めるべきですし、一定の学力の無い人間は大学生にすべきではないと考えます。

自転車は「車両」です。知っていましたか?

またもや悲しい事故が起きています。

熊本・千原台高の自転車部員事故、生徒の意識戻る 市教委定例会で校長陳謝 公道練習での事故防止策に改善の余地 (熊本日日新聞) - Yahoo!ニュース

 熊本市千原台高の自転車競技部1年の女子生徒が25日夕、練習中に玉名市でコンクリート壁に衝突して意識不明の重体となった事故で、千原台高の南弘一校長は26日、熊日の取材に対し、「練習には顧問が同行していたが、最後尾に誰かが付く必要があったかもしれない」と述べ、公道練習での事故防止策に改善の余地があることを示唆した。玉名署によると、生徒は意識が戻ったという。

当たり前なのですが、自転車は道交法上「車両」の扱いですよね。そして公道で最も危険なのが交差点であることは、少なくとも自動車を運転する者であれば常識です。

 

ブレーキ痕が無かったってとも書いてありますね。

 

更に言えば、いつも通っている慣れた道でさえ、危険でない場所など存在しないことくらい大人であれば誰だって分かります。にもかかわらず…

自転車競技部の女子高校生 部活中に事故 壁に衝突(KAB熊本朝日放送) - Yahoo!ニュース

(前略)学校によりますと創部当初からこの道路を練習で使ってきましたがここでの事故は初めてで、危ない場所という認識はなかったということです。

今のところ目撃者もいないためどれほどのスピードが出ていたかわかっていませんが右折や左折の際などには必ず減速するように指導していたとしています。

 

交差点では一時停止するのは、自転車の常識ですし、停止標識があるのなら「減速する指導」はおかしいでしょう。道交法を守れないなら、公道での練習はすべきではない!

 

完全に学校が引き起こした人災ですね。快方に向かっているからいいという話ではありません。そもそも専用コースを設けられないならば、学校の部活動ですべき競技ではありません。

陸上競技の関係者もバカばかりなのか?

馬鹿の筆頭は高校野球だと思っていましたが、そうでもなさそうです。

半年ほど前に#部活動 ---理不尽ダレトク強制労働 ~岩手ハンマー投げの事故から~という記事を書きました。拙ブログで投てきのことを書くのは3度目になります。

 

中学校の陸上部の練習中…“砲丸”が男子生徒の頭に当たり頭蓋骨骨折など重傷 市教委が指導体制など調査(NBS長野放送) - Yahoo!ニュース

事故が起きたのは長野市内の中学校のグラウンドです。5月20日午後5時40分頃、陸上部が砲丸投げの練習をしていたところ、生徒が投げた砲丸が14歳の男子生徒の頭に当たったということです。

男子生徒は救急搬送され、頭蓋骨骨折などの重傷ですが命に別状はないということです。

感覚がね…

頭蓋骨骨折などの重傷ですが命に別状はない

この発言した奴の脳天に同じ砲丸を真上から叩きつけてみたらどうでしょう。ホントに。

 

そして、事態ではなく、自分の頭で重く受け止めた方がいいですよ。

 

基本的にスポーツは命にかかわることも少なくないのですから、指導するための資格化とその厳格化を進めた方がいいですよ。少なくとも片手間でやれるようなことではないです。(もっとも学校の教員の中には部活の片手間で他の仕事をやっている不届き者がいますが。)

 

つづき

#部活 の監督は動画撮影の監督でもあった #秀岳館高校 事件

もう、ここまでくるとカルトとしか言いようがないです。そこまでして部活・スポーツに入れ込む理由とは何なのでしょうか。

秀岳館高サッカー部コーチ書類送検 “部員へ暴行”動画が発端|NHKスポーツ

熊本県八代市にある秀岳館高校のサッカー部のコーチが部員の生徒を殴ったり蹴ったりしたとして、暴行の疑いで書類送検されました。

(中略)

秀岳館高校によりますとコーチは学校側の聞き取りに対し、暴行したことを認めたうえで「生徒の態度に腹が立った」と話しているということです。

 

熊本 秀岳館高校 サッカー部コーチの暴行 監督ら事実認め謝罪 | NHK

熊本県八代市秀岳館高校で、サッカー部のコーチが部員の生徒を殴ったり蹴ったりしたとして書類送検された問題を受け、5日、監督らが記者会見し、暴行を認めた上で謝罪しました。

先月、八代市にある秀岳館高校のサッカー部の30代のコーチが、部の寮で3年生の部員を複数回にわたって殴ったり蹴ったりしている動画があるという通報が警察に寄せられ、捜査の結果、警察は先月25日にこのコーチを暴行の疑いで書類送検しました。

(中略)

また、今回の問題を受けて、およそ230人のサッカー部員全員を対象にアンケートを行った結果、このコーチから部員に対する暴力行為が24件あり、5人がけがをしたほか、別のコーチによる暴力行為が1件あったという回答が寄せられたことを明らかにしました。

おそらくこの計25件は氷山の一角に過ぎないと思います。態度に腹を立てるごとに暴力を振るっていたのでしょう。コーチを名乗る価値無しです。

 

事の発端は秀岳館高校のサッカー部の暴行動画が出回った「後」の話。サッカー部員が自分の顔を出し、名前まで名乗って、暴力を受けた側にも関わらず謝罪動画をSNS上にアップしたということです。謝罪の内容は「世間に迷惑をかけてしまった」とのこと。それも動画は部員たちの「意志」で撮影発信している、と動画内では言っています。

 

世間はそこまでバカではないですから、「なワケねーだろ!」と思っていたはずです。

秀岳館高のサッカー部監督、続投に意欲…釈明動画は「部員4人と話し合って決めた」 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン

(前略)

 約20年間チームを率いる段原監督は、暴力行為を見たことがないとした上で、「再発防止に努めたい」と述べた。暴力行為は同部以外にも15件確認された。

 一方、4月22日に同部の公式ツイッターに投稿された釈明動画は、部員だけで行ったという当初の説明から変わり、21日夜に部員4人が監督と話し合って決めたことが確認された。

 監督は他の部員に協力を求めたり、内容の変更を提案したりしたという。学校側は「監督から言われ、絶対と感じた生徒もいたと思う。顔や名前を出しての投稿は学校として止めるべきだった」と指摘した。

 22日朝のミーティングでは、監督が最初の動画を投稿した部員2人に「加害者だ」などと発言しており、報道陣から圧力になった可能性を指摘されると、段原監督は「そういう意図ではなかったが、おっしゃる通りです」と述べた。

サッカーの監督だけやっていれば良かったものの、動画の監督もやったのですね。プチ映画監督デビュー作がとんだ話題作になってしまいましたね。

 

やはり、20年以上もその座に君臨し、周りから祭り上げられると人間はこうなってしまうのでしょう。誰も、保護者も含めて、彼に待ったをかける人間がいなかったということです。我が子がたとえ暴力を振るわれても、サッカーのためなら目をつむってきたのかも知れません。そのような感覚になってしまう辺りがカルト宗教と重なるところがあります。「再発防止に務めたい」と会見で監督は話していますが、最大の再発防止は、この監督がこの業界から永久追放されることくらいではないでしょうか。(本来はコーチと共に書類送検でもされた方が良い。)

 

当然、日本におけるサッカーの総本山も黙っていないと思いましたが、

「指導者処分の可能性も」 秀岳館高サッカー部暴力問題 JFA専務理事、学校側聞き取り(熊本日日新聞) - Yahoo!ニュース

 熊本県八代市秀岳館高男子サッカー部の男性コーチが部員を殴るなどした動画が出回った問題を巡り、日本サッカー協会JFA)の須原清貴専務理事が2日、同校で学校側から経緯などを聞き取った。須原氏は「調査した上で、指導者への処分の可能性がある」とした。

「可能性」とか言ってる時点であまり期待できないかも知れませんね。なにせ

暴行問題の秀岳館、インターハイ予選出場へ 6・3の3回戦から、御船-八代清流の勝者と初戦 - サッカー : 日刊スポーツ

舌の根が乾かぬ内、とはこのことです。指導体制に問題があるのが分かっているのだから、せめて現任のコーチ陣は全て契約を解除して臨むくらいのことはすべきでしょう。そこまですれば反省の念が伝わるかも知れません。

 

というか、生徒同士での暴力もあったようですが、それはスルーなんですかね?

 

学校のサイトは2022/5/7の20:40現在、目次が出るだけで何も表示されません。さてさて、どうなることでしょうね。

 

学校という機関でスポーツ選手養成というのは、やはり親和性がないのではないかと思います。中途半端なんですよね。ですから、もしプロを目指すというのであれば、対価を払ってマトモな指導者のもとで指導を受けるとか、無理に高校や大学に進学しないというのが大事なのだと思います。

 

あと1年、令和5年に間に合う?

令和5年度には週休日の部活動を外部に移行する、ということが言われています。しかしその気配は(少なくとも私の勤務地では)一向にありません。生徒会の主任が人数配分で頭を抱えている姿は目にしますけど…。

 

アイディアならあるのですが、文科省なりスポーツ庁なりが取り入れてくれたらいいんですがねー…。やはり○ネッセに外部委託をしようが発想のベースになりますかね。この考えを少し強引にやるならば、という考えを述べてみます。(考え、って程ではない。)

 

よくリトルリーグなどで「○ャイアンツ杯」みたいなのがあります。もちろん今のところこれで賞金が出たことは(たぶん)無いと思います。与えられるのはおそらく「名誉」のみでしょう。ここに強引ではありますが「賞金」を与えてしまえばいいのではないかと思うわけです。

 

そんなことを言うと「青少年のスポーツを何だと心得る!この不届き者が!!」とか時代劇のセリフみたいなことを言い出す人もいるかも知れません。しかし、そもそも部活動なんて既にブラックさは知れ渡っているわけですから、今更部活動(運動・文化問わず)が「青春の汗・涙・感動」とか言っている辺りが現状認識が甘いということですよ。えぇ。

 

まぁ、「賞金」だと本当に子どものスポーツとして教育的配慮に欠ける!と言われるのなら(まぁ既にこのブログに書いてきたように、そんなもの始めっからない部活だってありますよね)、「活動補助費」とかにしておきますか。

 

で、話を戻しますが、賞金…いや「活動補助費」制にしてしまい、参加条件を

学校単位でなくてもいいデース!

クラブチームもOKデース!

優勝したら○百万円あげマース!

としてしまえば、カネに目がくらんだ指導者たちは死に物狂いで選手をシゴキ指導しまくるでしょう。もちろん高校は義務教育ではありませんから、頭がクル○ル△ーでスポーツばかりの人はクラブチームという選択肢が出来るかも知れませんし、学校の枠内じゃダメだ!と思った高校BDKは自分でチームを立ち上げることもできるでしょう。

 

ではクラブを立ち上げたり維持するにはどうするか。

#地域部活動 の費用を集めよう!でも書いたようにクラウドファンディングで集めればいいのです。ネット時代だから簡単ですね。そうすれば多額の賞…活動補助費を目指して多くの活動費を集めた方が勝ちになります。そこから選手に還元すればいいわけです。

 

どこかの企業がこのアイディア、買わないかな…。

「ブラック」な職場をタダ働きで補う発想とは?

今回は部活のことではないです。以前真っ黒な内容ですが。

教職員人事発表 ICT教育への対応強化(愛媛)(あいテレビ) - Yahoo!ニュース

タイトルには表われていませんが、以下のようなことが書かれています。

このほか、学校での働き方改革を促進し、教員の負担を軽減するため、生徒の学習をサポートする現役の大学生を高校と中等教育学校6校に30人配置するということです。

あたかも令和4年から始まるようですが、実際には2年から始まっているようです。

大学生による県立学校学習支援ボランティア事業について愛媛県教育委員会のサイト)

 

いつまで無償のボランティアに頼るのでしょう?

なぜここに人と予算を投入しないのでしょう?

 

もし、この事業に参加したことがきっかけで、教員への道を諦める人も出るでしょう。あまりのブラックさに。

でも、もし反対に教員になったとしても、年齢を重ねた時に若者に対してブラックな働き方を強要するようになる可能性があります。自分もボランティア(無償労働)をしたのだから、と。

 

教員の負担を減らしたいなら、給与保障をした上でマトモな人材を獲得するのが最も早道です。大学生ではその度に研修をしなければならないのだから、結局現場の負担は減らないことに気付いて欲しいです。